[マグロ漁船]不明の3人宮崎沖で救助 「大型船が衝突」・国内・海外・ニュース・事件・事故・経済・パソコン・携帯電話・デジカメなど私個人が気になった情報などを紹介していこうと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[マグロ漁船]不明の3人宮崎沖で救助 「大型船が衝突」


鹿児島県種子島近海で消息を絶っていた宮崎県日向市漁協所属のマグロはえ縄漁船「幸吉(ゆきよし)丸」=是沢幸広船長(48)、9.1トン=の乗組員ら3人が、12日午前10時20分ごろ、宮崎県串間市の都井岬の東南東約185キロの海上で救命ボートに乗って救助を求めているのを、第10管区海上保安部(鹿児島市)のヘリコプターが発見した。巡視船おおすみが現場に向かい、同日午後0時35分に救助し、ヘリコプターで宮崎市の宮崎大医学部付属病院に搬送した。3人は3日間漂流し脱水症状があるものの、健康状態は比較的良いという。  
3人は「大型船が衝突して、そのまま走り去った」と証言しており、10管は業務上過失往来危険容疑で捜査している。

救助されたのは、是沢船長と、甲板員の山中道夫さん(56)、取材で同行していた東洋放映(福岡市博多区)のカメラマン、林洋平さん(29)。

10管は3人から事情聴取した。それによると、9日午前10時ごろ、種子島灯台の南東約74キロ付近で、大型船が右舷側の船体中央付近に衝突した。大型船は停止せずそのまま北東方向に走り去った。船体の色は白色だったが、船名は確認できなかった。当時、是沢船長は操舵(そうだ)室におり、山中さんは朝食を片づけ、林さんは船内の部屋でカメラを手入れしていた。

記者会見した病院の医師によると、3人は漂流中、救命ボートにあった乾パン6個とペットボトルの水を分け合って飢えをしのぎ、「寒いのがつらかったけど、無事助かってよかった」と話しているという。足や腰などに痛みを訴えているが比較的元気だという。経過を診るため入院したが、一週間以内には退院できる見込み。

幸吉丸は9日午前9時ごろ、一緒に漁をしていた僚船が確認したのを最後に、連絡が取れなくなっていた。11日早朝、船尾部分だけが都井岬沖約130キロの海上で見つかった。

(引用;ライブドアニュース)

奇跡的な生還と言っても良いんでしょうね。
無事で何よりでした。
当て逃げしたという大型船、許せないですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。