[株価急落]景気や金融市場への影響見極め 福井日銀総裁・国内・海外・ニュース・事件・事故・経済・パソコン・携帯電話・デジカメなど私個人が気になった情報などを紹介していこうと思います。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[株価急落]景気や金融市場への影響見極め 福井日銀総裁


東京株式市場はじめ世界的に株価が急落したことについて、日銀の福井俊彦総裁は28日の衆院財務金融委員会で、「これから先の動きがどうなるか、強い関心を持ち、冷静にウオッチしたい」と述べ、景気や金融市場への影響を見極める意向を明らかにした。原因について、総裁は「昨日から今日にかけ、上海市場の株価の大幅な下落をきっかけにエマージング(新興国)市場、欧州市場、米国市場に波及した。今日の日本の株式市場にもその影響が及んでいる」との認識を示した。  
一方、日本経団連の御手洗冨士夫会長は同日、記者団に対し、「世界的に景気がよいので、金融引き締めへの警戒感があった。そこに中国の株価急落が重なり世界同時株安のような形になったのだと思う。ただ、実体経済に不安材料は見当たらず、一過性のものと見ている」と述べた。

過熱ぶりが指摘されている中国経済については「過熱感は以前からあるが、富裕層が増えて実需はさらに増している」と好調を維持するとの見方を示した。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。